2018年12月24日 月曜日 5時 27分

大学生ボランティア (2)

また縁があって、大学生がまめの木にボランティアに来てくれました。

まめの木で1日を過ごして感じたことを、それぞれが書いてくれました。

うっかりしていて写真を撮ってなかったのですが、文章だけでも
読んでもらえたらいいと思いここに全文を掲載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

M.F さん (女性)
先日はまめの木に訪問させて頂いて、密度の濃い充実した時間を過ごす事ができました、私たちを温かく迎えてくださり、お話などもお聞かせくださってありがとうございました。
源さん、アンナさんをはじめとして、保護者の方や元気な子供達と出会って、とてもいい刺激をいただきました。自然の中で子供達と遊ぶ時間はとても楽しかったです。
・今回、訪問させていただいて一番痛感した事は、自分は自分の枠組みからしかものを見る事ができていなかった、という事です。訪問前に、勉強はどういうシステムで教えているのだろうか、また自由に好きな事をしていいよと言われても、いつかやりたい事が尽きる事もあり得るのではないか、などという疑問を持っていましたが、その考え自体が自分の枠組みにはまっているという事に気付かされました。読み書きができるようになったのは果たして学校で教えてもらったからなのだろうか、と問いかけられた時はっとして、自分は義務教育で何を学んできたのだろうか、義務教育とは何だろうかと改めて自分の受けてきた教育について考えるきっかけとなりました。自然に触れる中で生物について興味を持って調べる(半端ない知識量で感動して沢山教えてもらいました)、ボードで意見を言いたいから文字を書けるようになる、人生ゲームに必要だから計算する、など興味の力の大きさを感じるとともに、学びの本来あるべき姿を見る事ができた気がします。
・子供たちが全てを選択する、それ故自然発生的に活動が生まれる、という過程を訪問中様々な場面で目にしました。私個人の話ですが、言われた事をその通りするという中高時代に慣れた考え方から抜け出せず、大学に入って必要となる自分の行動の選択や意見を持つ、という事への苦手意識に悩んでいて、子供達を見習いたいと強く思いました。そして子供の能動的な活動の材料や刺激を存分に提供しているまめの木の環境や見守る事を徹底する大人の方々の姿は素晴らしいと感じました。
これら以外にも様々な事を考えるきっかけとなりました、ありがとうございました。まだ頭の中で整理のついていないものもありますが、今回感じた事を大切にしてこれから考えを少しずつ深めていきたいなと思っています。ぜひまた訪問させていただきたいです。その時はまたよろしくお願いします。

K.Sさん (男性)

「小学校に通うということは7歳で、ある程度の自由を失っている」という言葉は私の心にとても響きました。これまでそのような考え方をしたことがなかったからです。私はみんながやっていることが当たり前だと思っていて、当たり前を疑わない性格なので、当たり前を覆す考え方がとても新鮮でした。
私にとって、何かの課題に対して自由にしていいという条件が一番難しかったように思います。自由にするということは自分がやりたいことを持っていなければ、なかなかアイデアが浮かばないものです。豆の木の子供たちは毎日、自由な課題が出されているようなもので、それを難なくこなす子供たちが羨ましくさえ思えました。
ただ、私が豆の木の子供たちを見ていて残念に思ったことは掃除の時間です。年長の女の子たちが率先して指示を出して掃除をしているようでしたが、小さい子供たちは遊んでばかりでメリハリがないように感じました。求めすぎなのかも知れませんが、年長の女の子たちを見て、自分も掃除をしなければという考えを持ってくれればいいのになと思いました。社会に出ればやりたくないこと、我慢することがたくさん出てくると思います。豆の木ではそういったことを学ぶ機会が少ないので、掃除が学ぶ場になっていったらうれしいなと思いました。これができれば豆の木の子供たちはより人生を豊かにできるのではないかと私は思いました。

I.Yさん (男性)

豆の木というフリースクールがあると聞いたとき、
自分が受けてきた教育とは全然違うことにとても興味が湧きました。
どんな子が通ってるのだろう
勉強はどうしてるのだろう
どんな子が育つのだろう
特に勉強に関して、
学習はしっかりできているのかと
訪れてみる前は思いました。

しかし訪れてみると
学習の進度も得意なことも人それぞれ
だからその子に合った順に学べばいいとの話を聞き、
また自らの好奇心をきっかけに様々な知識を身につけている子や読み書きを覚えようとしている子を実際に目の当たりにして、自分が完全に公教育で得た枠にはまった考え方をしているのだと実感して少し悔しかったです。
公教育だと、小学一年生にして、いろんな可能性を捨ててしまっている
という言葉が特に響きました。

これまでで得た考え方を改めて見直し、より柔軟に生きていければと強く思います。

Y.Mさん (男性)

僕は、サークル活動として西紀南で活動したり、教育実習に行ったりする中で、自分のキャリアについて意識するようになり、自分が何を軸に選択するのか、どういう人生を歩みたいのかについて思い悩むようになりました。僕は当たり前のように、小中高大と進学し、大人がこうするべきと考えて作られた枠組み、レールに基づいて人生を歩んできました。その過程の中で、いつのまにか正しさ、~すべきにとらわれてしまい、本当に自分がしたいことを考え、選択することができていなかったから、なかなかやりたいことが明確にでてこなくなってしまったのではないかと、今回の訪問で身に染みて感じました。
また、「子どもに学んで欲しいこと」というテーマを、教職課程では頻繁に目にしてきました。僕は、このテーマに対して目標を設定し、授業を作り、生徒との接し方を考え、実践していきました。しかし、興味や関心、発達段階が異なる生徒に対して、集団授業の中で学びを得てもらうことはとても難しく、本当に生徒のためになっているのか疑問に思っていました。まめの木では、
・大人が決めた枠組み、レール
・正しさ
が存在せず、自分がやりたいことを、自分で考えて、実行することが当たり前で、その中で子どもが学びを得ていく様子はとても新鮮でした。このやり方だったら個々人のニーズに合わせた“個”のための教育ができるのではないか、このやり方こそが正しいことやすべきことにとらわれて、自分の選択をできていない人たちの救いになるのではないかと思いました。

世相が目まぐるしく変わる時代への教育に対して何をしたいのか、まだ悩んでいる最中ですが、何が正しいのか、何が正しくないのかなどの枠組みにとらわれるのではなく、“個”の選択を大事にできる場を提供することの意義を非常に感じました。また、自分が“教育”や“人生”に対する違和感も少し晴れたような気がします。ぜひ、また訪問させていただきたいと思います!本当にありがとうございました!

投稿者 :西村 源

その他の記事

2020年2月25日

まめの木に剣豪現る!

2020年1月31日

神戸市教育委員会が出席認定!

2020年1月10日

まめの木でスタッフしてみて (2)

2020年1月10日

まめの木でスタッフしてみて (1)

2019年11月15日

何分ゲームできるん?

2019年9月18日

まめの木送迎サービススタート!

2019年4月25日

ペンタブ

2019年4月23日

ハイキングびより

2019年4月10日

まめの木で1日を過ごして

2019年3月7日

3/7 もう春です。

2019年2月10日

まめの木の最上級生

2019年2月7日

カレーパーティー

2018年12月14日

大学生ボランティアたち

2018年12月1日

11月30日

2018年11月2日

文化祭 練習

2018年10月31日

ハロウィンパーティー

2018年10月30日

丹波コミュニティカレッジ 開校!

2018年10月23日

子供たちの個性輝く「まめの木」での2週間...

2018年10月12日

体育館遊び

2018年10月3日

保護者の想い (5)

2018年9月28日

おかし作り

2018年9月27日

まめの木文化祭に向けて

2018年7月1日

自転車女子一泊キャンプ旅行

2018年5月29日

ヒヨコたちの成長 (1)by みさと

2018年4月11日

日本の心

2018年3月16日

味噌フェス 第一回

2018年3月8日

ピザパーティー (with Englis...

2017年10月8日

まめの木の1週間

2017年9月17日

まめの木の立ち上げメンバーが帰ってきた!

2017年9月15日

夏休み明け1週目!

2017年8月31日

まめの木キャンプ

2017年7月25日

まめの木 IT 革命

2017年7月15日

まめの木で夏休み

2017年6月29日

ベビーまめの木

2017年6月21日

新ルール

2017年6月19日

家づくりは材料から

2017年6月17日

できるんかな?まめの木のお米

2017年5月23日

保護者の想い(4)

2017年5月9日

まめの木祭り 第二回

2017年5月3日

ミーティング

2017年5月1日

水遊び

2017年4月20日

ビッグボスザル

2017年3月20日

保護者の想い (3)

2017年2月9日

保護者の想い (2)

2017年2月1日

LEGOs

2017年1月29日

保護者の想い (1)

2016年11月2日

篠山市教育長さんの訪問

2016年9月12日

まめの木祭り 第一回

2016年7月21日

ポール

2016年6月11日

みんなが学ぶ場所 (where ever...

2016年5月11日

最初の一ヶ月(with English ...

2016年4月19日

ゆうたろう

2016年3月29日

初めてのまめの木ワークデー

2016年3月6日

名前を決めました。We have a n...

2016年3月2日

今のところの報告です!(So far w...

2016年2月25日

山と畑のまるごと園を訪問しました。(En...

2016年2月24日

垂水の家改装プロジェクト

2016年2月17日

オルタナティブ教育に向き始めたわけ (2...

2016年2月14日

オルタナティブ教育に向き始めたわけ (1...

2016年1月13日

やりたいことが、学びになる場所 (Whe...