2020年1月10日 金曜日 3時 11分

まめの木でスタッフしてみて (1)

あぁ振り返ろうと思って気づけば寝てた今年の年末年始(笑)毎年同じパティーンだわ。。。

Happy new year‼️

昨年は自分にとって、さすが前厄‼️と言わんばかりの波乱そして激動の1年でした。
色々思った事を少しずつ書き留めていたので最後にアウトプットしてみようと思います。今更(笑) ※長文です。

-2019年-

英語の勉強を始めた事。
仕事を辞めてサラリーマンじゃなくなった事。
外国の方と一緒に過ごした事。
フリースクールで働くようになった事。
色々あったな。。。てか、ありすぎた(笑)
頑張ってまとめます。

今年に入って前からやってみたかった英語を勉強し始めた。
本屋で問題集を見て目眩がした(笑)1人では無理だと判断して昔の会社の営業先であったGenさんのとこで教えてもらうようにした。
そしたら、あれよあれよと仕事を辞めることになった(笑)正直なところ辞めようとは思っていたけど、こんなに早く辞めるつもりはなかった(笑)
ただ今思えば、ここがターニングポイントになった。30代最後に真剣にやれというGODからの、お告げなのだろうと自分に言い聞かせた。

同じタイミングでGenさんの「ウチに外国から旅人が来ているから一緒に仕事してみる?」
この一言から全てが始まった。
簡単に言うと日本に勉強や旅行に来ている外人さんがGenさんの自宅に住んでいて、Genさんの作業を手伝う変わりに衣食住無料になるというシステム。
そこで私も一緒に働いた。
丹波篠山の山奥中の山奥、そこに旅人の外人さんと子供達がいる中々カオスな空間だった。。。

今だから言えるけど正直に言うと最初、苦痛だった(笑)

コンフォートゾーン(成長できる領域)だと思っていたが、それを飛び越えてデンジャラスゾーンだった(笑)
何故なら今まで営業の仕事をしてきて口でお金を稼いだきたのに、全く会話ができない。。。挨拶程度の会話しか出来ない上に他は何も知らない。冗談も言えやしねぇ。。。初日に外人、子供達を連れて山に登った。もう波乱の幕開けだった(笑)
会話もうまくキャッチボール出来ないのでストレスマックス!「そこのスコップとって」が言えない。。。喋れずに困っていたらドイツ人のヘナックが翻訳アプリを教えてくれた。その翻訳アプリを使うとデタラメな和訳がいっぱい出てきた。。。おい、ヘナック(笑)
なので途中から使わなくなった(翻訳アプリは「みらい翻訳」がオススメです笑)

営業の仕事を離れてみて、こんなに話が出来ない事が苦痛なのかと痛感した。ただ、これは離れてみないと気づかなかっただろう。

それから数ヶ月、相変わらず喋れないし成長も特に見られない。。。そろそろ心折れかけてきた頃に広島から来てたYOUTUBERのデーヒーという男性から「おーい何、しんどそうな顔してんだよ。もっと楽しんでやればいいんだよー」って言われた。

「はっ!」となった。

なぜなら「楽しんでやる」と言う事はサラリーマン時代に私が人に対して散々言ってきた言葉だったから。まさか人から言われる日が来るなんて思いもしなかった。
大事な事、忘れてた!と思い直した。
そしてデーヒーは英語を楽しめるように私に強烈な下ネタ英語を教えてくれた(笑)その下ネタ英語は今でもしっかりと記憶している(笑)
ただ、これが次のターニングポイントになった。めっちゃ気が楽になった。焦るのもやめた。まずは、この環境に慣れていくようにしようと方向を変えた。

結果、これを機に英語を学んでいくスピードが上がったような気がしている。デーヒーにはマジで感謝している。ここに来て本当に人には恵まれたと思う。困ったなーと思ったら、いつも絶妙のタイミングで助け舟が出てくる。言葉にしなくても察してくれる「非認知能力」が高い人ばかりだった。

あと言葉は分からないなりに一生懸命伝えようとする事が大事だという事を学んだ。言葉が分からなくてもジェスチャーや熱意で伝わる事がある。その当時、英語は褒められた事は無いが、パッション(熱意)とアティテュード(姿勢)が良い‼️とフランスから来ていたグレゴリーが言ってくれた。でも文法は破茶滅茶だけどねー!っと笑われた(笑)声がデカイから間違えたらすぐ分かるらしい。。。恥ずいやないかい!それー!って思った(笑)
ただ今は間違えたり恥をかかないと次に進めないと思ったから気にせず喋り続けた。日本人には珍しいタイプだと言われた。もう言葉を伝えるのに手段を選んでる場合ではなかった。必死のパッチだった。
自分は今まで、これくらいの事は分かるだろう、出来るだろうと自分の物差しで会話したり判断したりするが多々あった。そのせいで嫌な思いをした人もいたと思う。それにも気づく事が出来た。

そして夏前に英語を少しだけ楽しめるようになった頃、Genさんから「フリースクールのスタッフをやってくれない?」って言われた。Genさんの自宅は「まめの木」というフリースクールも経営されていて不登校の子達や敢えて、この場所を選んで来ている子達が通ってる。
なぜか昔から子供には割と好かれる。それをアンナ(Genさんの奥さん)が見てくれていたらしく私にスタッフやってもらおうよーって言ってくれてたらしい。嬉しかった。勉強もさせてもらえる上に働かせてもらえるなんて今の自分にとって最高の環境だから。アンナにも言われたけど「本当に子供いないの?」って言われたが本当にいません。これも今まで数百回と言ってきたなと思い出した(笑)

これもターニングポイントになった1つの出来事だった。

ただ今まで結果(数字)が全てのような世界で生きてきた自分にとって「答えの無い仕事」は戸惑う事が多かった。
保護者の方とのご飯会の時、「スタッフに何かこうしてほしいとか、ありますか?」とストレートに聞いた事もあった。正直、どう思われてるか不安だった。ただ保護者の方にも恵まれて「今のままでいいよー」と言われたが、何か言ってくれた方が助かるんだけどな、、、と思った。なんせ何が正解か分からないまま働いてるのだから。。。ただ問題が起きれば皆で、きちんと話あえる環境なので、このメンバーなら、その都度、話し合って解決できるだろうなという安心もあった。良いチームの一員にさせてもらった事は本当に感謝しかない。

(2) に 続く

投稿者 :西村 源

その他の記事

2020年2月25日

まめの木に剣豪現る!

2020年1月31日

神戸市教育委員会が出席認定!

2020年1月10日

まめの木でスタッフしてみて (2)

2019年11月15日

何分ゲームできるん?

2019年9月18日

まめの木送迎サービススタート!

2019年4月25日

ペンタブ

2019年4月23日

ハイキングびより

2019年4月10日

まめの木で1日を過ごして

2019年3月7日

3/7 もう春です。

2019年2月10日

まめの木の最上級生

2019年2月7日

カレーパーティー

2018年12月24日

大学生ボランティア (2)

2018年12月14日

大学生ボランティアたち

2018年12月1日

11月30日

2018年11月2日

文化祭 練習

2018年10月31日

ハロウィンパーティー

2018年10月30日

丹波コミュニティカレッジ 開校!

2018年10月23日

子供たちの個性輝く「まめの木」での2週間...

2018年10月12日

体育館遊び

2018年10月3日

保護者の想い (5)

2018年9月28日

おかし作り

2018年9月27日

まめの木文化祭に向けて

2018年7月1日

自転車女子一泊キャンプ旅行

2018年5月29日

ヒヨコたちの成長 (1)by みさと

2018年4月11日

日本の心

2018年3月16日

味噌フェス 第一回

2018年3月8日

ピザパーティー (with Englis...

2017年10月8日

まめの木の1週間

2017年9月17日

まめの木の立ち上げメンバーが帰ってきた!

2017年9月15日

夏休み明け1週目!

2017年8月31日

まめの木キャンプ

2017年7月25日

まめの木 IT 革命

2017年7月15日

まめの木で夏休み

2017年6月29日

ベビーまめの木

2017年6月21日

新ルール

2017年6月19日

家づくりは材料から

2017年6月17日

できるんかな?まめの木のお米

2017年5月23日

保護者の想い(4)

2017年5月9日

まめの木祭り 第二回

2017年5月3日

ミーティング

2017年5月1日

水遊び

2017年4月20日

ビッグボスザル

2017年3月20日

保護者の想い (3)

2017年2月9日

保護者の想い (2)

2017年2月1日

LEGOs

2017年1月29日

保護者の想い (1)

2016年11月2日

篠山市教育長さんの訪問

2016年9月12日

まめの木祭り 第一回

2016年7月21日

ポール

2016年6月11日

みんなが学ぶ場所 (where ever...

2016年5月11日

最初の一ヶ月(with English ...

2016年4月19日

ゆうたろう

2016年3月29日

初めてのまめの木ワークデー

2016年3月6日

名前を決めました。We have a n...

2016年3月2日

今のところの報告です!(So far w...

2016年2月25日

山と畑のまるごと園を訪問しました。(En...

2016年2月24日

垂水の家改装プロジェクト

2016年2月17日

オルタナティブ教育に向き始めたわけ (2...

2016年2月14日

オルタナティブ教育に向き始めたわけ (1...

2016年1月13日

やりたいことが、学びになる場所 (Whe...